トップ 看板屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




看板屋さんナビ看板屋とは > 看板の種類

看板の種類

看板の種類の画像

その昔看板は、版木に彫刻を施す「衝立看板」が主流でした。
現代に至っては、看板に使われる素材も増え、さまざまなバリエーションの看板が作られるようになりました。
看板の種類や効果も色々ですから、看板を設置する場合、環境によって看板の種類を選ぶことが大切になります。
バリエーション豊富な看板ですが、現在一般的に見られる看板をご紹介しましょう。

屋上広告塔……主に建物の屋上に設置される大型看板。
ネオンや照明を使ったものが多く、遠方へアピールすることができます。

突き出し看板……袖看板とも呼ばれ、建物の壁面から突き出して設置される看板。
看板を設置するスペースがない場合有効です。

壁面看板……建物の壁面に直接取り付ける看板。
ポールや柱など必要ないので比較的安く作ることができます。

ポール看板……建物が通りから奥まった場所にある時、お客様を建物に誘導できる看板。

スタンド看板……建物の前に置く看板。
置き型なので、移動が可能です。

A型看板……スタンド看板と同様、建物の前に置く看板。
折りたためるので収納に便利です。

立看板……建物の敷地内で使われる看板。

欄間(ランマ)看板……パラペットサインとも呼ばれ、コンビニなどでよく使われる看板。
内部照明式なので夜間の照明効果もある。

テント看板……日除や雨除けのテントに看板効果をプラスした看板。

ウインドサイン……ガラスにカッティングシートというフィルムを貼ってアピールする看板。

野立て看板……道路沿いや交差点に自立で立てられる看板。
建物から遠い場所のお客様にもアピールできます。

懸垂幕、横断幕……テント生地が良く使われ、建物やポール看板に吊り下げて使用する看板。
イベントなど短期な告知に最適。

車両マーキング……車に直接シートを貼ってアピールする看板。
移動しながらアピールできる。
動く広告塔。

その他にも、のぼり、フラッグ、タペストリーなど、短期的に使われる看板もあります。

このように、看板の種類は、多種多様にあり、立地条件や設置場所などによって使用される看板が選択されます。
看板は、お店や会社の存在や場所だけを伝えるのではなく、お店や会社の内容やイメージを伝えられるように使い分けされているのです。
また、視覚効果が看板の種類によっても違います。
看板の視覚効果と設置場所には深い関係があるので、まずは看板屋さんと相談するといいでしょう。


スポンサードリンク
看板屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。