トップ 看板屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




看板屋さんナビ看板の材質や素材 > 看板の照明

看板の照明

看板の照明の画像

看板は、大きく分けると照明のある物と照明の無い物と2つに分けられます。
昼夜問わず、看板を見えるようにするには、照明は必要不可欠。
もし、これから看板を掲げようと考えたり、リニューアルしようと思っていらっしゃる方がいましたら、是非、照明のある看板にしてみてください。
看板に照明があれば、24時間働き続けるトップセールスを誇る営業マンに早変わり。
集客率アップ間違いありません。

看板の照明の種類

看板の照明の種類は、外側からランプで照らすタイプと、蛍光灯を中に設置するタイプと、ネオン管やネオンを入れてカバーするタイプなどさまざまです。
最近、看板照明でもっとも注目されているLED照明もその中の1つです。
看板照明の種類も蛍光灯・白熱灯・水銀灯・ハロゲンランプ・メタルハライドランプ等たくさんあり、どれを使用したら良いのか迷ってしまうところです。
しかし、それぞれの仕様や特性を生かすように、また、看板の構造や看板の設置環境など考慮して使い分けることをお勧めします。
もちろん、看板屋さんにお任せすれば、適切な看板照明のアドバイスをしてもらえることでしょう。

照明のランニングコスト

看板の照明で重要視されること、それは、やはりそのランニングコストではないでしょうか。
照明があるということは、当然、電気代も掛かるわけです。
看板に取り付けた照明器具の種類や使用環境によって電気代も大きく変わってしまいます。
いかに電気代を安く看板を維持するかが、看板照明を導入するに当たり大きな課題になってくるのです。
では、どのような看板照明を使用すればランニングコストを抑えることが出来るのでしょうか。
ここでも省エネタイプの看板照明が1番重宝されているのです。
省エネタイプの看板照明を導入した場合、導入当初は割高かも知れませんが、5年も経てば電気代の差額で十分、元は取れるようになっています。
目先のことにとらわれず、長いスパンで考えることを、是非お勧めします。
各メーカーでも、看板照明に適した省エネタイプ商品の開発に努力し、販売しています。
そういった商品のチェックもお忘れなく。

看板照明(蛍光灯)の寿命

屋外での看板照明(蛍光灯)の寿命は、平均で1年~1年半といわれています。
長時間使用していると、光束が低下し、いわゆる照度低下を起こしてしまいます。
看板を設置したままでなく、看板照明の表面の埃を取るだけでも、照度はアップするものなのです。
暗くなった照明で照らされている看板では、元気の無い営業マンと同じこと。
やはり、明るく生き生きした営業マンの方がお客様も気持ちの良いものです。
看板照明に元気で働いてもらうためには、看板照明の掃除やメンテナンスもどうぞお忘れなく。


スポンサードリンク
看板屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。